ダポキセチンで心地よいフィニッシュをする

Bookmark this on Digg
LINEで送る
Pocket

早漏防止薬のダポキセチンは早漏の原因の中でも興奮しやすい人に効果的です。

女性のしぐさや声ですぐに興奮してしまうという人に向いている薬です。

射精のコントロールができない人

射精のコントロールができない人というのは様々な原因があります。どのくらいの時間が射精をするのに正常な時間なのか、それを伝えることは難しいですが、相手が満足していないのに早めにフィニッシュしてしまうということは早漏といってもいいでしょう。女性よりもいつも早いタイミングでフィニッシュしてしまう、挿入前にフィニッシュしてしまう人は明らかな早漏と考えてもいいのではないでしょうか。

早漏は精神的な事もとても影響を受けます。焦り、ストレスを感じているとそれだけで悪化してしまうこともあります。早漏防止をする為には出来るだけ焦ることなく、気持ちをしっかりと落ち着かせる必要があるでしょう。

性器が敏感な人

ペニスが刺激をすぐに感じてしまう敏感な人の場合も、もしかすると早漏になりやすいと言われていますので注意が必要です。早漏が起きる原因の一つです。これらの症状は自分で努力をして改善しようと思って改善出来るものではありません。

医療機関で相談してもなかなか敏感なペニスを鈍麻にさせるというのは難しい治療となります。包茎であることが原因で敏感になっているのであればわかるのですが、そうではない場合には、自分でコントロールするのはなかなか難しいでしょう。

服用する薬ダポキセチンで活発になる

早漏防止薬のダポキセチンの働きについてですが、これはもともとうつ病を治療するための薬です。うつ病治療として使用されている薬なのですが、服用していた人が射精が遅くなるという副作用に気がつき、それを副作用ではなく本作用として使えないかと考えた結果早漏を防止することにいきあたりました。

興奮しやすい人は興奮を抑える必要がありますが、そのためにセロトニンの分泌を十分させる必要があります。この薬によってセロトニンの分泌は活発になりますので、その結果興奮が抑えられるという仕組みです。

人によって早漏になる原因は色々とありますが、脳の興奮が早く伝わりフィニッシュに至る早漏のタイプの人は、ダポキセチンを服用することがおすすめと言えるでしょう。

Bookmark this on Digg
LINEで送る
Pocket